遺留分の請求

ここでは、遺留分について説明していきます。

遺留分とは、本来相続できる法定相続分の2分の1がそれにあたります。
たとえば、相続人が兄と弟の兄弟2人だったとすると、その相続分は2分の1ずつになります。しかしながら、遺言書で長男にすべてを相続させるとなっていた場合、次男は1円も相続する事が出来なくなってしまいます。
これでは、可哀想なので法律では本来相続できる相続分の2分の1については最低限の相続分として認めることになっています。これが両親の場合は3分の1となります。

この遺留分の請求のことを遺留分減殺請求と言います。
遺留分は請求するだけで権利が確定するとされていますが、権利が侵されていると知ってから1年、それから相続開始から10年が時効となっていますので、適切な対応が必要となります。

遺留分については、法律的な判断となりますので、必ず弁護士に相談するようにしましょう。

遺留分について詳しくはこちら!

関連する内容について、下記からご確認ください。

寄与・遺留分フッター

リーガルプラスでは、遺産分割のトラブルをシッカリとお手伝い致します

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
  • 相談予約受付

千葉で遺産相続なら弁護士の無料相談。遺産分割協議、調停から遺留分減殺請求や特別受益、寄与分に対応。千葉県内に5拠点、弁護士法人リーガルプラス

千葉県千葉市、市川市、本八幡市、船橋市、津田沼、習志野、佐倉、成田、茨城の鹿嶋、神栖の各エリア対応。
初回の無料相談からお手伝いとなりますので、安心してご相談のお問い合わせをください。
弁護士・スタッフ一同、丁寧にご対応させていただきます。

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 市川事務所アクセス
    総武線 本八幡駅 徒歩1分
  • 津田沼事務所アクセス
    総武線 津田沼駅 徒歩1分
  • 千葉事務所アクセス
    総武本線 千葉駅 徒歩6分
  • 成田事務所アクセス
    京成本線 京成成田駅 徒歩8分
  • かしま事務所アクセス
    鹿島線 鹿島神宮駅 徒歩30分