遺産相続弁護士相談
千葉・東京・茨城

相続問題基礎知識

遺贈について

遺言で財産の一部または全部を誰かに譲ることを「遺贈」といいます。遺贈の方法や受け取る側の注意点について詳しく解説しています。

「遺贈」とは

遺言で遺産の一部または全部を、無償または条件つきで贈与することを「遺贈(いぞう)」といいます。遺贈をする人を「遺贈者(いぞうしゃ)」、遺贈を受ける人を「受遺者(じゅいしゃ)」と呼びます。受遺者は相続人以外の第三者でもかまいません。そのため、内縁関係にある事実上の配偶者などに遺贈することも可能です。

遺贈の種類

遺贈には、特定の相続財産を指定する「特定遺贈」と遺産の全部または一部を一定の割合で指定する「包括遺贈」の2種類があります。受遺者はいずれの遺贈も放棄することができますが、遺贈の種類によって放棄の方法も異なります。

特定遺贈

特定の相続財産を指定した遺贈のこと
例:東京都中央区○○番地の土地・不動産をAさんに遺贈する
放棄する場合:いつでも遺贈の放棄をすることができる

包括遺贈

遺産の全部または、一部を一定の割合で指定する遺贈のこと
例:遺産の1/2をAさんに遺贈する
放棄する場合:相続開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申請

「遺贈」と「死因贈与」の違い

「死因贈与(しいんぞうよ)」とは、死亡を条件として生前に交わした贈与契約で、贈与をする人と受ける人の合意で成立するものです。そのため、贈与をする人が亡くなった後、受遺者の意思だけで財産の受け取りを放棄することは原則的にはできません。対して、遺贈は遺言による一方的な意思表示であるため、受ける側は財産を放棄する選択をすることができます。

「負担付き遺贈」とは

財産を分与するのと引き換えに、受遺者に一定の義務を負担させる遺贈のことを「負担付遺贈(ふたんつきいぞう)」といいます。「財産を渡す代わりに、残された配偶者の面倒をみる」などがその例となります。負担の程度は、遺贈の価値を超えない限度とされています。負担付き遺贈であっても放棄することは可能です。

負担付き遺贈を受けたのに義務を果たさない場合

受遺者が負担付き遺贈を受けたにも関わらず、その義務(負担)を果たさない場合でも遺贈は有効です。しかし、このような場合、他の相続人は受遺者に対して、相当の期間をもうけて義務を果たすように催告したうえで、それでも義務を果たさない場合には、家庭裁判所に対して「負担付き遺贈の取り消しを請求」することができます。

遺贈を相続放棄したい

遺贈は、贈る側の一方的な意思表示ですので、受遺者は放棄することができます。特定遺贈の場合はいつでも放棄することができ、包括遺贈の場合は相続開始を知った時点から3か月以内に家庭裁判所に相続放棄を申請する必要があります。

あなたの気持ちに
寄り添った解決を目指します

財産をしっかり相続したい方
  • 他の相続人が財産を独り占めしている。
  • 他の相続人が財産分割に非協力的。
  • とにかく一方的で、話し合いにならない。
  • 自分の主張を誰も聞いてくれない。
他の相続人に困っている方
  • 他の相続人が意見を押し付けてくる。
  • 話が平行線で、解決の糸口が見つからない。
  • 他の相続人に「訴える」と言われた。
  • 何から手を付けていいのかわからない。

お気軽にお問い合わせください

解決までしっかりとお付き合いします。
ぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-13-4895
相談予約受付 / 365日 24時間 受付

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
相談予約受付 / 365日 24時間 受付
0120-13-4895
電話予約受付時間
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
		年中無休・24時間受付
TOP
0120-13-4895
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約