遺産相続弁護士相談
千葉・東京・茨城
相続トラブル
取り扱い業務

相続財産調査

相続財産の全貌を把握して、
トラブルのない遺産分割を。

相続人同士で相続について話し合う際に、どれくらい相続財産があるのかきちんと把握しておくことが必要です。相続財産調査とリーガルプラスのサポートを紹介しています。

相続財産調査の基礎知識

遺産分割における「相続財産調査」のポイント

遺産分割を始めるにあたって、そもそもどれだけの相続財産があるのかをしっかり把握しておくことが必要です。相続といえば、預貯金や不動産、証券、骨董品や絵画などの資産価値のある「プラスの財産」に目がいきがちですが、借金などの「マイナスの財産」も相続財産となります。また、特許やマンションの賃貸人などの「地位」も相続の対象となります。相続財産の把握がおろそかなままに遺産分割を行うと、後のトラブルを生みかねません。財産を誰がどう相続するのがベストかを適切に検討するためにも、財産調査はしっかりとしておきましょう。

相続財産の種類

相続財産は主に次のものがあります。

積極財産(プラス財産)

1
現金
2
預貯金
相続開始日現在での残高証明を銀行などに取り寄せします。口座の解約・引き出しには相続人全員の同意が必要とされており、実務上では相続人全員の代表者によって手続きを行うことが多いようです。また、遺言書に遺言執行者が指定されているような場合は、遺言執行者が処分手続きを行うのが一般的です。銀行によって対応が異なり、相続人全員の同意書類が必要な場合もあります。
3
生命保険
生命保険は、受取人が「被相続人」となっている場合に相続財産となります。
4
不動産
被相続人が所有していたことが判明している場合は、法務局で不動産登記簿謄本(不動産登記事項証明書)を、市役所で固定資産評価証明書を取り寄せます。
固定資産評価証明書とは、固定資産税を計算するために市区町村役場の資産税課などにある固定資産課税台帳の記載事項を証明した書類です。固定資産評価証明書を取り寄せる場合には「名寄せ」といって、所有者である被相続人の氏名で照会をかけます。
登記手続きをしないかぎり、登記簿上の所有者は変更されません。そのため、遺言書や遺産分割協議書をもって特定の相続人による相続登記を行うか、相続人全員の共有で相続登記をします。
5
債権
ゴルフ会員権や株券、他人への貸金債権、被相続人が交通事故で死亡した場合には損害賠償請求権(遺族自身にも認められる請求権もあります)なども相続財産となります。
6
動産
骨董品や絵画、自動車、バイクなども相続財産となります。お金に替えて分けたり、そのままの形でわけることも可能です。高価な動産はトラブルにもなりやすいため、遺産目録の作成の際には個別に記載する方が良いでしょう。
7
祭祀財産
お墓や仏壇などは遺産分割の対象外ですが、これらを引き継ぐ「祭祀承継人(さいししょうけいにん)」を決める必要があります。
8
知的財産権
ソフトウェアや音楽、書籍などの著作権や、商品やサービスにおけるロゴなどの商標権は、相続の対象になります。

消極財産(マイナスの財産)

1
債務
被相続人の個人的な借金や事業運営上の個人の保証債務などのことです。借金や保証債務は相続開始により、当然に相続分に応じて分割承継するとされています。また、被相続人が交通事故などの加害者で、被害者を死亡させた場合の損害賠償の義務もマイナスの財産として引き継がれます。
借金については、CICや日本信用情報機関などに照会をかけることができます。書式と照会にあたっての必要書類は各機関にお問い合わせください。また、口座の入出金履歴の引き落としなどから判明することもありますのでご確認ください。
2
葬式費用
3
遺贈
相続人や相続人以外への遺贈も消極財産となります。

その他

法的地位の承継
マンションや土地の貸主などの法的地位も原則として承継されます。

相続財産調査の進め方

相続財産はまんべんなく調べることが大切です。相続財産は上記で述べたように、プラスの財産とマイナスの財産、法的地位の承継などさまざまです。個人で行う場合には、各項目に記載したように、それぞれの機関に一つひとつ問い合わせるなど、地道に行うしかありません。
弁護士に依頼することで、それらの手間が省けるほか、正確に相続財産の全貌を知ることができます。

相続財産調査のポイント 法定相続情報について

それぞれの機関に照会をかける際に何度も戸籍謄本を取得して提出するのは大変です。法定相続情報は、法務局に相続関係図、それを証明する戸籍謄本などを提出することで、登記官が相続関係図を無料で認証してくれる制度です。

相続財産の評価方法 不動産

不動産は、固定資産税評価額、路線価、国土交通省の地価公示、都道府県地価調査、不動産業による査定などの方法で評価をします。また、遺産分割協議や審判で相続人全員で合意が得られれば、その評価額となることもあります。

相続放棄

相続財産を調査して、マイナスの財産がプラスの財産を上回り、相続すると借金などの義務や負担を背負うような場合には、家庭裁判所に対して相続放棄をすることも検討しましょう。相続放棄には申し立て可能な期間が決められていますので注意が必要です。

財産目録の作成をする

相続財産調査で判明した内容は、一覧化することで財産評価がしやすくなります。相続放棄の判断や相続税の申告の要否などの判断がしやすくなるため、財産目録を作成しましょう。
財産目録の雛形については、裁判所のホームページなどにも掲載されていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

「相続財産調査」よくあるトラブル

相続財産が使い込まれている

「生前、被相続人から確かに存在を聞いた相続財産がなくなっている」というご相談は少なくありません。預貯金の場合、何回かに分けて口座から移している場合もあります。こういったケースでは、口座の取引履歴を取り寄せるなどして、細かく調べ、その証拠を明らかにしていく必要があります。また、財産の使い込みを疑われた場合は、その金額についての使い途の説明をし、必要に応じて寄与分などを主張していくことになります。

リーガルプラスのサポート

地道で大変な相続財産の調査も、
リーガルプラスにおまかせください。

弁護士には「弁護士会照会制度」という制度があります。弁護士法に定めがあり、弁護士会を経由して各機関に照会をかけることができます。時間的な負担や労力を大きく軽減することができ、また、正確な相続財産の全貌把握に繋がります。財産目録の作成までしっかりサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください

解決までしっかりとお付き合いします。
ぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-13-4895
相談予約受付 / 365日 24時間 受付

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
相談予約受付 / 365日 24時間 受付
0120-13-4895
電話予約受付時間
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
		年中無休・24時間受付
TOP
0120-13-4895
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約