遺産相続弁護士相談
千葉・東京・茨城

相続トラブルの解決事例

リーガルプラスが解決してきた「相続」の
解決事例をもとに、解決のポイントを説明いたします。

リーガルプラスが解決してきた「相続」の
解決事例をもとに、解決のポイントを説明いたします。

解決事例
case
06

共同相続人であるきょうだいと連絡が取れずにお困りのご相談者に対し、弁護士の職権を活用することで所在が判明、その後調停により遺産分割を成立・解決した事案

解説弁護士:谷靖介

解説弁護士
谷 靖介

ご依頼者 B.Zさま
性別 男性
年齢 70歳代
受任年 2018年
解決年 2018年
解決方法 調停

相続トラブルの概要

親の面倒をみていた相続人からのご相談でした。

被相続人である親の財産を管理していたため、遺産分割すべき相続財産があることは知っていましたが、共同相続人であるきょうだいと連絡が取れずにお困りでした。

解決のポイント

他の相続人に連絡が取れない人がいる場合、調査して所在が判明するか、という問題があります。最終的に所在が判明しない場合、不在者財産管理人の選任申立など、裁判手続が必要となります。

また、連絡が取れない相続人の所在が判明した場合、協議に応じるかどうか、という問題もあります。ご依頼前に担当弁護士より、これらの点を含めて今後の見通しをご案内しました。

交渉の経過

弁護士の職権を活用し、他の相続人の所在を調査しました。調査の結果、所在は判明し連絡を取ることができましたが、協議成立が見込めないような対応でした。

協議成立が難しいことから、調停手続に移行し、裁判所を交えて遺産分割の内容を話し合いました。最終的にご依頼者が、「他のきょうだいと争いたくない」との希望を抱いたことから、譲歩して調停成立するに至りました。

当事務所が関わった結果

他の相続人と連絡が取れずに全く進展がなかった遺産分割を、最終的に調停を成立させて解決することができました。

連絡が取れない相続人がいる場合、その方を除外して遺産分割を進めることは困難です。専門家の力なしに解決することは期待できませんので、弁護士に相談されることをお勧めいたします。

相続トラブルの解決の糸口は「無料法律相談」から。
弁護士に相談して、不安や不満を取り除きましょう。

あなたの気持ちに
寄り添った解決を目指します

財産をしっかり相続したい方
  • 他の相続人が財産を独り占めしている。
  • 他の相続人が財産分割に非協力的。
  • とにかく一方的で、話し合いにならない。
  • 自分の主張を誰も聞いてくれない。
他の相続人に困っている方
  • 他の相続人が意見を押し付けてくる。
  • 話が平行線で、解決の糸口が見つからない。
  • 他の相続人に「訴える」と言われた。
  • 何から手を付けていいのかわからない。

お気軽にお問い合わせください

解決までしっかりとお付き合いします。
ぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-13-4895
相談予約受付 / 365日 24時間 受付

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
相談予約受付 / 365日 24時間 受付
0120-13-4895
電話予約受付時間
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
		年中無休・24時間受付
TOP
0120-13-4895
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約