遺産相続弁護士相談
千葉・東京・茨城
相続トラブル
取り扱い業務

一方的に遺産分割協議書が送られてきた

協議書の内容をしっかりと確認し、
不満がある場合は相手と交渉を。

一方的に送られてきた遺産分割協議書についての注意点、とるべき行動、リーガルプラスのサポートについて紹介しています。

遺産分割協議書の基礎知識

一方的な遺産分割協議書、どうすればいい?

遺産分割協議は相続人全員の同意が必要です。そのため、一部の相続人により一方的に作成された遺産分割協議書に応じる必要はありません。しかし、同意をすれば参加したと見なされ、協議書どおりに遺産分割が行われます。そのため、慎重に対応することが大切です。すぐに合意することも避けるべきですが、わからないからといって無視したり交渉を避けていると、最終的に裁判所での手続きをとられる可能性もあります。
このような場合、遺産分割協議書の内容をよく読み、疑問点や不満点、不安がある場合はまずは弁護士に相談されることをおすすめします。

遺産分割協議のやり直しは困難です

よくわからずに、あるいは不満を持ちながらも遺産分割協議に合意してしまったという場合でも、一度成立してしまった遺産分割協議をやり直すことは困難です。ですので、疑問点や不満点がある場合は、軽率な合意は避けましょう。

遺産分割協議書の内容に不満がある場合

一方的に送られてきた遺産分割協議書の内容に不満がある場合は、自分が主張したい点を整理し、裏付けとなる資料を収集する必要がある可能性があります。

不満がある場合にとるべき行動

1.相続人調査・相続財産調査を行う

遺産分割協議書の内容が真実であるかどうか、適切に遺産分割を行うために相続の全貌を把握します。

2.自身の相続分の計算、主張をまとめる

相続人の範囲を相続財産が確定したら、自身の相続分を計算し、自分の希望や主張をまとめます。

3.協議の目標と交渉回数を設定する

遺産分割協議書について、送ってきた相続人や他の相続人に対して相続分の主張を行います。しかし、すでに一方的に協議書が送られてきている状況ですので、当事者同士の協議段階では難航する可能性があります。交渉回数、期限を区切り、難航する場合は弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼をすることで、法的根拠に基づいた主張ができるほか、交渉や手続きがスムーズに行えます。手続きには期限のあるものもあるため、当事者同士での協議は「3~4か月」を目安にし、一度弁護士に相談することをおすすめします。

4.遺産分割調停・審判を申し立てる

遺産分割協議が難航する場合は、裁判手続きによる解決を目指すのが一般的です。裁判所では感情面だけで主張するのはむずかしく、根拠となる証拠資料や法的根拠に基づいた主張であることが大切です。ご自身ではむずかしい場合は弁護士にご相談ください。

リーガルプラスのサポート

一方的な遺産分割協議書についても、
まずは弁護士にご相談ください。

一方的に遺産分割協議書が送られてくるという状況は、相続人同士の関係性が良好とは言えない状況が多いです。相続人同士の面識がない、または疎遠である場合、そういった相手との交渉に不安を覚えるのも当然です。弁護士を交渉の窓口にすることで、相手と直接交渉することなく、自身の主張をしっかり行うことができます。また、協議から審判までの事務手続きにおいても弁護士がサポートいたします。一方的に送られてきた遺産分割協議書に不安がある方は、リーガルプラスにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

解決までしっかりとお付き合いします。
ぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-13-4895
相談予約受付 / 365日 24時間 受付

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
相談予約受付 / 365日 24時間 受付
0120-13-4895
電話予約受付時間
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
		年中無休・24時間受付
TOP
0120-13-4895
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約