遺産相続弁護士相談
千葉・東京・茨城

相続トラブルの解決事例

リーガルプラスが解決してきた「相続」の
解決事例をもとに、解決のポイントを説明いたします。

リーガルプラスが解決してきた「相続」の
解決事例をもとに、解決のポイントを説明いたします。

解決事例
case
01

母親・第2子と他の兄弟が対立。遺産の評価方法、特別受益の該当性など相手方代理人と粘り強く議論を重ね、母娘側の希望に沿うかたちで調停を成立した事案

担当弁護士:牧成明

担当弁護士
牧 成明

ご依頼者 K.Eさま
性別 女性
年齢 50歳代
受任年 2017年
解決年 2018年
解決方法 調停

相続トラブルの概要

お父様のご相続に関し、ご高齢の奥様とお子様2人が相続人となる事案で、当事務所には、奥様とお子様のお一人から相談いただきました。

お話しを伺ったところ、「他方の兄弟から『調停を申し立てる。』と言われており、どのように対応したらいいか分からない。」とのことでした。

ご相談者様とされては、相手方は、お父様の生前に住宅の無償利用等の経済的援助を受けており、そういった過去の経緯を踏まえて公平な遺産分割をしたいとのご希望でした。

また、高齢の奥様の老後資金をいかに残すのかという点についてもお悩みでした。

解決のポイント

遺産の評価

主な遺産は、マンション2件と預貯金でした。

ご依頼者様は、一方のマンションを取得することを希望されていたところ、マンションの評価額によって遺産総額が変わり、相手方に支払うべき代償金の額にも影響します。そして、代償金の金額は、奥様が手元に残すことができる預貯金に跳ね返ってくるという構図でした。

こういった構図からすると、本件では、遺産の評価(不動産の評価方法)がポイントになる事案でした。

特別受益(住宅の無償使用)

被相続人と同居していた場合の住宅の無償使用については、一般的には、特別受益に当たる可能性が低いことが多いと思われます。

もっとも、本件では、相手方はお父様と同居しておらず、以前には相手方がお父様に家賃相当額を支払っていた等の個別事情もあったため、特別受益に当たる可能性があり得ることを強調するように努めました。

交渉の経過

相手方から調停申立がなされ、当職が、調停手続代理人として活動を開始することになりました。

相手方にも代理人(弁護士)が就任したため、代理人間で主張整理を重ねることができ、争点整理は建設的に進めることができました。

しかし、実際に調停期日に出席した際、ご依頼者様とされては調停委員の対応に苦慮する面が若干あったかもしれません。

当事者本人からすると、調停委員が相手方に肩入れするような言動をとっているように思えてしまい、調停がこじれてしまうケースはよくあることかもしれません。

そうした場合、代理人が一緒に調停に出席していれば、弁護士が依頼者と調停委員とのクッションになれるかと思います。

本件でも、ご依頼者様は、初めて裁判所を利用されるとのことでしたので、一緒に調停に出席することで、調停委員への対応についてもできる限りサポートさせて頂きました。

当事務所が関わった結果

調停の初期において、相手方は、マンション1件と代償金約700万円の分与を要求してきました。

しかし、遺産の評価方法、特別受益の該当性、今後の奥様の生活設計について、相手方代理人と粘り強く議論を重ねた結果、相手方から譲歩を引き出し、マンション1件と代償金400万円を支払う内容にて調停を成立させることができました。

調停期日は5回目で成立となり、約5か月間で解決となりました。

結果的には、ご依頼者様が希望された方のマンションを確保することができ、少しでも多くお母様の老後資金を残すことができたかと思います。

また、心理面では、ご依頼者様は、慣れないトラブルを抱えて不安なお気持ちが強かったかと思います。

私どもがお手伝いさせていただくことで、少しでも心の支えとしていただけたなら、幸いに存じます。

相続トラブルの解決の糸口は「無料法律相談」から。
弁護士に相談して、不安や不満を取り除きましょう。

あなたの気持ちに
寄り添った解決を目指します

財産をしっかり相続したい方
  • 他の相続人が財産を独り占めしている。
  • 他の相続人が財産分割に非協力的。
  • とにかく一方的で、話し合いにならない。
  • 自分の主張を誰も聞いてくれない。
他の相続人に困っている方
  • 他の相続人が意見を押し付けてくる。
  • 話が平行線で、解決の糸口が見つからない。
  • 他の相続人に「訴える」と言われた。
  • 何から手を付けていいのかわからない。

お気軽にお問い合わせください

解決までしっかりとお付き合いします。
ぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-13-4895
相談予約受付 / 365日 24時間 受付

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
相談予約受付 / 365日 24時間 受付
0120-13-4895
電話予約受付時間
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
		年中無休・24時間受付
TOP
0120-13-4895
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約