遺産相続弁護士相談
千葉・東京・茨城
相続トラブル
取り扱い業務

相続財産の使い込み・相続財産が不明

漏れのない財産調査で事実を明らかにし、
早い段階で、親族への不信感を解消。

相続財産が使い込まれている、相続財産が隠されているといったご相談に対する基礎知識、リーガルプラスのサポートについて紹介しています。

相続財産トラブルの基礎知識

他の相続人に財産隠しや使い込みの疑いがある場合

他の相続人によって財産が隠されていたり使い込みの疑いがあるといったご相談は、リーガルプラスでもよくお聞きします。
具体的な対応方法としては、まず疑いのある相続人に財産の開示を求めるのが通常です。しかし、こういった疑いがある場合、被相続人の生前から既に相続人同士の関係性が上手くいっていないことが多く、相続財産の管理をしている相続人が財産の開示に積極的でない状況が多々あります。そのため、被相続人の預金口座の取引明細を取り寄せるなどして不審なお金の動きがないか、財産調査をすることが必要となります。

相続財産を調べる

具体的に財産を調査するには、まず何から手を付けるのが良いのでしょうか。相続財産が一定以上ある場合には「相続税の申告」が必要となります。相続人全員が行う必要があるため、相続税申告書の内容を確認することでおおよその相続財産を知る手助けとなります。また、被相続人の預金口座については、金融機関ごとに残高証明書(名寄せ)を取得することになりますが、配偶者でもない限りすべての金融機関を把握するのは難しいので、実際には被相続人の居住地近くにある銀行に一つひとつ照会をかけることになります。
また、意外と忘れがちですが、生命保険契約やマイナスの財産(借金)についても必ず確認しましょう。漏れなくすべての財産を個人の力で確認するのは大変です。財産調査のサポートも可能ですので、一度ご相談にお越しください。

財産取り込み、財産隠しが発覚した際の対応方法

遺産分割協議・調停・審判(裁判)中に発覚した場合

遺産分割の各手続きの途中で、他の相続人などによる財産隠しが発覚した場合は、遺産分割の対象財産として分割をすることになります。
財産隠しは発覚しても、その相続人を刑事罰に問うことは難しいのが現状です。財産隠しのうえ使い込んでいたとしても、親族間の問題に警察が介入することはほとんどありません。そのため、こうした事実が発覚した場合には、弁護士を入れて徹底的に財産調査を行うことが重要です。

遺産分割後に発覚した場合

遺産分割の手続きが終わった後に新たな相続財産が見つかった場合でも、原則として各手続きは有効なものとして扱われます。そして新たな相続財産について改めて遺産分割協議を行うことになります。しかし、新たに見つかった相続財産が他の相続人が隠していたものであったり、相続財産全体の中で大きな要素を占める場合などは例外として、過去の遺産分割は無効となり、もう一度遺産分割手続きをやり直す場合があります。
全員の合意が取れている場合は、新たに発覚した相続財産についてのみ協議することができます。遺産分割の手続きをもう一度イチから始めるのは大変ですので、遺産分割協議書にあらかじめ「新たに発覚した相続財産はその都度協議する」という旨の条項を入れておくのもいいでしょう。

よくあるトラブル

財産を使い込んだ相続人の責任を追及したい

相続人の一人が被相続人の預金を引き出し、その使途がわからないもしくは理解できないものを「使途不明金」といいます。問題となっている口座の使途不明金と思われる取り引きを特定し、その口座を管理していた相続人に問いただすことになります。相続直前もしくは直後に多額が引き出されていた場合はわかりやすいですが、その相続人が管理していた全期間中に引き出した金額について追及する場合には多くの作業と専門的な知識が必要となりますので、弁護士に相談することをおすすめします。

財産隠し、使い込みを疑われている

財産の使い込みを疑われた場合、問題となっている口座の預金取引部分を指摘してもらい、合理的に説明していくことになります。疑っている相手のよくある主張として「本当はもっとあったはず」という抽象的なものがありますが、裁判所では抽象的な主張は通りません。ですので、具体的な取り引きについて調停や審判の場で明らかにしていくことになります。

リーガルプラスのサポート

漏れのない財産調査から実際に発覚した場合まで、
リーガルプラスが「相続財産問題」を適切に検証します。

相続隠しや使い込みが疑われる場合はもちろんのこと、遺産分割を適切に行うためにも相続財産を漏れなく把握することが大切です。リーガルプラスでは個人では大変な財産調査のサポートから実際の交渉、調停、審判(裁判)までお力になります。疑念の段階で話し合ってもまとまらず、モヤモヤとした気持ちが続くだけです。きちんと調査し、結果を出すことでお悩みが軽減されます。是非、リーガルプラスにご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

解決までしっかりとお付き合いします。
ぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-13-4895
相談予約受付 / 365日 24時間 受付

メールでのお問い合わせ

メールフォームへ
相談予約受付 / 365日 24時間 受付
0120-13-4895
電話予約受付時間
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
		年中無休・24時間受付
TOP
0120-13-4895
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約